FC2ブログ
「個別指導なら住吉区我孫子/あびこ」学習塾ペガサスよさみ教室 教室日記
個別指導なら住吉区我孫子/あびこ学習塾ペガサスよさみ教室は、親身な学習指導をモットーに、完全個別指導サービスを展開中です。無料体験学習もございますので、お気軽にお問い合せください。06-6692-0280
プロフィール

yosami1515

Author:yosami1515
学習塾 個別指導
小学1年生~高校生
大阪市住吉区我孫子4-5-23-3F

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

公立高校入試分析 研修会


午前中に新大阪で開催された「公立高校入試分析」の研修会に参加してきました。
大学入試共通テスト(センター試験に代わるもの)についてのおさらいから始まり、記述式のポイント、2018年度入試の全国傾向についての説明を受けました。
マークシート式も今後は「思考力重視型」へと変化し、複数のテキストや資料が提示され、必要な情報を組み合わせて思考・判断させたり、学んだ内容を日常生活と結びつけて考えさせたり、正解が1つに限られない問題になっていたりしています。
それを受けて高校入試も変化を見せております。

大阪府は次のように変化しています。
国語では漢字の設問数が減少しました。また作文が独立し、書きやすいテーマになりました。
数学では大問1が解きやすい問題に構成されました。B問題の図形は典型的な問題となりました。標準的な問題の出題が増加傾向にあります。
英語はA問題は文法・単語の基礎知識、B問題は読解力、記述力に力を入れる必要があります。「空所補充」、「英問英答」、「英作文」がカギを握ります。
理科は計算問題が減りました。出題傾向や難易度が不安定な分、基礎知識の定着と処理能力が問われます。
社会は完答で正解になる問題が5問から10問へと増えました。用語記述は例年出題されております。またグラフの数値を読み取り、比較する問題は頻出してます。
全国的には以下の通りの変化が見られました。
英語はリスニングの配点比率が高まりつつあります。社会の動きを反映したテーマ(「AI、ロボット」「外国人観光客」「高齢者の免許返納」など)を扱った英文が多く見られるようになっております。語彙力、基本的な文法力重視の傾向は変わらずです。英作文のテーマが意見英作文、実用性重視(日常生活で使うフレーズを含むもの)になってきております。
国語は素材文で「人工知能」、「科学」「哲学・社会学」を取り扱ったものが増えてきております。言語事項は熟語やことわざ、言葉の意味、使い方が頻出しております。漢字の読み書きの難度も上がってきているようです。
(漢字については「植樹」や「陸橋」など比較的簡単な熟語ですが、パッと思いつかないものが出される傾向にあります)
数学については、基礎力重視の傾向が目立ち、「計算、一行問題」の易化や配点割合の増加が目立ちました。「方程式」「関数」「確率」で問題の長文化が進んでおり、「考え方の過程」や「解き方」を書かせる問題を出題する県もありました。
理科は原理や原則を書かせる記述式が増加傾向にあり、全単元を満遍なく出題する県が増えてきております。また「すべてを選ぶ」問題が増加しており、実験の条件設定が複雑になったり、会話文が増えたことでページ数が増え、読解量が大幅に増えております。
社会は用語記述は頻出しています。また領土問題や国際関係の歴史など2021年に全面実施される新学習指導要領を意識した内容が多く見られました。資料の読み取りは増加傾向に、歴史であってもグラフの比較や図版の読み取りが必要になってきております。さらに「すべてを選ぶ」問題が徐々に全国的に増えてきております。

この先やはり必要なのが「思考力」「読解力」であることが話を聞いていて実感できました。
子供たちとの会話で時事問題も含め「考えること」を中心に取り組ませていきたいと思います。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する