本日は一般の保護者に混じり、東住吉区にある大阪府立東住吉高校の学校説明会に参加してまいりました。

写真 2016-10-22 11 20 18
写真 2016-10-22 10 49 43

「二兎を狙い、二兎を追い、二兎を獲れ!」という学校のスローガンのもと、勉強と部活動それぞれに力を入れている学校です。
また東住吉高校は日本唯一の芸能文化科がある学校でもあります。
標準服といわれる制服はあるのですが、華美でない限り私服登校もOKとなっております。

上の写真でもありますように、グランドは甲子園球場よりも広く、LAN教室や芸能文化科の実習棟(NHKの放送施設のような舞台があります)などの施設も充実しております。
広範囲からの自転車通学が可能となっており、遠くは通学に1時間以上かけてきている生徒もいるそうです。
また通学は近鉄大阪線針中野駅から徒歩圏内ですし、地下鉄谷町線駒川中野駅からも歩いて通えます。

最近の進路状況は四年制大学・共学・総合大学志向が高まり、女子大、単科大学は人気が落ちているそうです。
進学実績としては国公立大学に2桁の進学をしており(学校側が推しているのではなく、あくまでも自分自身で探しているそうです)、関関同立に至っては前年よりも100名増の合格を出してきております。
指定校もあるそうですが、実際に使用しているのは少なく、枠がかなり余っているのが現状だということです。

東住吉高校のもう一つの特徴としては、自習教室があげられます。年末年始を除き、毎日開室しているそうです。
高校3年生を中心に連日席が埋まっているとのことでした。

5月には伝統の体育祭が開かれ、毎年2500人以上の観客であふれるそうです。
夏休みには国際交流として希望者だけですが、スタディツアースタディツアーという海外留学制度があります。
さらに11月にはチャリティーマラソンが行われ、たすきに思いをたくして、100Km完走をめざしているそうです。
今度の11月20日(日)に行われる学校説明会ではちょうどチャリティーマラソンを実施しています。

部活動(同好会)加入率は8割を超えています。運動部、文化部とも活動は活発なようです。

今回の説明会では聞くことができなかった芸能文化科についてですが、通学できるのならどこからでも受け入れ可能とのことでした。
舞台芸術に関する総合的な専門学科であり、専門の先生方は各界で活躍中のプロ、全科目の1/3が芸能文化科の専門授業となっております。
理論を学び、謡い、演じ、奏で、撮り、舞台美術を捜索するなど舞台の表・裏のすべてを学ぶとのことです。

入試制度についてです。
芸能文化科は特別選抜となり、2月20日、21日の両日が試験日となります。
①学力検査(国語、社会、数学、理科、英語(リスニング含む))
②実技検査(朗読、口頭試問)
③調査書
④自己申告書
普通科は一般選抜となり、3月9日が試験日となります。
①学力検査(国語、社会、数学、理科、英語(リスニング含む))
②調査書
③自己申告書

学校説明会の残りの日時です
11月20日(日) 午前:普通科 午後:普通科、芸能文化科
12月17日(土) 午前:普通科 午後:普通科、芸能文化科
年明けにはなりますが、1月16日、23日も実施されます。
詳しくは東住吉高校のHPをご覧ください。

詳しく知りたい方は山本先生まで!
スポンサーサイト
学習塾ペガサス よさみ教室のホームページ
2016.10.22 Sat l 未分類 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿