「先生、先生~」
笑顔いっぱいで教室に入ってきたのは、三稜中のKさん。
「なになに?」
迫ってくる彼女を落ち着かせて尋ねました。
「読書感想文、学校の代表に選ばれてん!!」
あふれんばかりの笑顔でそう教えてくれます。
「どれどれ・・・」
彼女が夏休みに頑張って書いていた読書感想文を読ませてもらいました。
中学3年生が書いた文章にしてはとても素晴らしいものでした。
原稿用紙の使い方が少し間違っていたのはご愛敬でしょう。
「いい文章書いてるやん」
「せやろ~」
ますます満面の笑みになりました。

いつも自分で目標を決め、真剣に取り組んでいる姿が、この結果を呼び寄せたのだと思います。
お母さん、今日は無理でも、明日はステーキでもお祝いにいかがですか?
スポンサーサイト
学習塾ペガサス よさみ教室のホームページ
2016.08.31 Wed l 未分類 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿