FC2ブログ
「個別指導なら住吉区我孫子/あびこ」学習塾ペガサスよさみ教室 教室日記
個別指導なら住吉区我孫子/あびこ学習塾ペガサスよさみ教室は、親身な学習指導をモットーに、完全個別指導サービスを展開中です。無料体験学習もございますので、お気軽にお問い合せください。06-6692-0280
プロフィール

yosami1515

Author:yosami1515
学習塾 個別指導
小学1年生~高校生
大阪市住吉区我孫子4-5-23-3F

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

インフルエンザ発症時における措置
平素は当塾にひとかたならぬご理解を賜り、ありがとうございます。
 さて、今後インフルエンザが流行の兆しを見せ始めることに伴い、塾内での流行阻止を考慮したうえで、「インフルエンザ発症時」における措置を下記の通り設定したいと思います。各ご家庭におかれましては、情報の確認とインフルエンザ対策をお願いいたします。よろしくご協力をお願いいたします。


◇インフルエンザ発症時における措置

・インフルエンザを発症した場合、原則通塾はおやめください。治癒後は病院からの指示でご判断ください。

・学級閉鎖並びに学年閉鎖になった場合、本人が健康な状態であっても通塾はお控えください。

・上記の件で欠席した場合は、公欠扱いとさせていただきますので、振替授業を実施させていただきます。

以上

スポンサーサイト



【重要】台風接近のため、臨時休校日とします
保護者各位および生徒の皆さんへ

本日台風19号の接近に伴い、安全を第一と考え、すべての授業を休講とし、塾自体を臨時休校日とします。
振替につきましては、またご相談ください。
休講になるものは、以下の通りです。

・五ツ木模試対策授業
・ロボット教室
・プログラミング教室
・オンライン英会話教室

暴風警報が解除されましても、強風や大雨の影響は残るかと思います。
ご家庭でも安全第一でお過ごしください。
2020年度 五ツ木の進学説明会
0001.jpg

0002.jpg

中学3年生及び小学6年生の受験生の方へ
来週10月6日(日)に天満橋OMMビル2階にて五ツ木書房主催の進学相談会が開かれます。
お時間がある方はぜひご参加ください。
2019大阪私立学校展
sirituten2019.png

大阪私立学校展
(クリックするとHPへ飛びます)

2019年度 大阪私立学校展

日時:8月17(土)・18日(日) 10:00~ 17:00
場所:天満橋OMMビル 2F

費用:入場無料
主催:大阪私立中学校高等学校連合会
内容:大阪府の中学校・高等学校が集まる、関西最大級のイベント!!
受験生に役立つ特別講演会も開催予定となっております!!

お時間のある小・中学生はぜひご参加ください。
「子育て、教育のポイント」とは?
先日初めて知り合った方から、立花大敬さんという方を教えていただきました。
いろいろと調べてみますと、素晴らしい方ということがわかりました。

● 立花大敬先生のプロフィール

〇昭和23年大阪生まれ
〇大阪大学で生物工学を専攻
〇19歳(大学在学中)禅に入門、以後曹洞、臨済等の諸老師に指導を受けてきた。
〇48歳《しあわせ通信》を開始。全国に読者が広がる。月一回発行。
〇49歳【元気アップ禅の会】で禅を通して月一回の指導を始める。
〇2014年 元気アップ禅の会の拠点、一般社団法人森の家(小石原)が立ち上がる。

〇退職を機に、全国講演を開始される。

〇福岡在住
〇著書に
『しあわせ通信』1集~10集・『人生飛行術(講演録)』『一冊まるごと大敬さん』(以上 本心庵)
『2万人の人生を変えた23通の手紙』(イーストプレス)
『天界の禅者大いに語る』『悟り』『禅』『禅の達人たち』(以上 潮文社)
『劇的に運がよくなるお経本』『まいにち神様』『くじけない力』(以上 カドカワ)
『絵本版 般若心経』『大敬ひめくり』 (元気アップ禅の会 取扱い)

(上記は立花大敬先生のしあわせ通信&元気アップ禅の会より転載)

「立花大敬さんのしあわせ通信&元気アップ禅の会」さんのFacebookの記事に子育て、教育に関してのものがありましたので、シェアしたいと思います。

(以下転載)
去る7月10日、某中学校のPTAのご依頼で立花大敬先生の坐禅会を開催致しました。

その時参加された方へのお話を、大敬先生がしあわせ通信に書かれました。

子育て中のみなさんのお役に立つのではなかろうか…と思いましたので、一部ご紹介しますね。

① 子育て、教育のポイントは、「子供が安心出来る場」を作ってあげることですよ。そうすれば、その子が本来の能力を伸び伸び発揮出来るようになるのです。

 ② 「理想の息子、娘像」を描いて、その理想像と現実の我が子を比べて、理想像から現実の姿を引き算して、イライラ、ガミガミ、ブツブツしていてはいけませんよ。そんなことをすれば、子供が劣等感を膨らませて、人生をダメにしてしまいます。 

 ③ どんな人も、性格にその人特有のクセや限界をもっていますけれど(だから人生は面白いのです。完璧な人なんて気持ち悪いです)、そのまんまで、人に上下、優劣なんてないのですよ。そのままでOKで、自分は、人より劣った「道具(才能や性質のクセ)」の持ち主かも知れないけれど、その「道具」を嫌って、新しい「道具」を捜し求めるのではなく、今手にしている「道具」を大切にして、それを精一杯使いこなしたらいいんですよ。
 子供さんは、「自分が持っている道具で、精一杯全力で勝負出来る人間」に育てて下さい。

④ 中学生になると、親のダメなところを誇張して見るようになります。 それは、そろそろ親から独立して進んでいかなければならない時期にさしかかったのですが、親を「悪者」にしなければ、あったかい家庭(親)の引力を振り払って飛び出して行く勇気がわかないからです。子供と衝突する場面も増えてきますが、子供の成長段階がそういう時期に差し掛かったからなんだ、いつまでもそうではないんだという「見通し」をもって、決して絶望しないようにしましょう。

 ⑤ 子供は自分の所有物ではなく、神さまからの、授かりモノ、預かりモノなんですよ。ですから、親の思い通りに育つはずがありません。子供には裏切られるものだと覚悟していましょう。
 しかし、子供が挫折したら、その時は、私たちがしっかり子供を護ってやろうという決心だけはしておきましょう。

30分の坐禅でみなさんとってもキラキラされました。

心も身体もゆるんで、本来の輝きが顔をのぞかせてくれたみたいですね。

(転載終わり)

ぜひご参考になさってください。